CHIYODA UTE チヨダウーテ

menu

システム工法:四周処理方法

耐火(準耐火)・遮音構造である「チヨダ間仕切システム」は、
構造体の性能にあった隙間処理が必要となります。
つまり火と音の両面から性能を満足させることが大切です。

チヨダ間仕切壁システムの隙間処理

壁の両端部も上部とおなじ仕様で処理してください。

高遮音耐火構造の隙間処理[TLD-50以上]

  • 標準モデル

    標準モデル

  • 床の不陸が大きい場合

    床の不陸が大きい場合

耐火遮音構造の隙間処理

  • 標準モデル

    標準モデル

  • 床の不陸が大きい場合

    床の不陸が大きい場合

準耐火遮音構造の隙間処理

  • 標準モデル

    標準モデル

  • 床の不陸が大きい場合

    床の不陸が大きい場合

システム工法:四周処理部材

システム工法:四周処理部材

Now Loading...